Home > 漫画 > 【おすすめ漫画】ちはやふる

【おすすめ漫画】ちはやふる

「ちはやふる」は雑誌『BE・LOVE』で連載する少女漫画。
従来の百人一首のイメージが吹き飛ぶ「競技かるた」を題材にしている。
「マンガ大賞 2009」で大賞に選ばれた。

ちはやふるの概要

講談社の月2回刊女性向け漫画雑誌『BE・LOVE』において2008年から連載中。
単行本は2010年2月現在で7巻まで刊行。

作者は末次由紀。

「マンガ大賞 2009」 大賞。
2010年度「このマンガがすごい!」 オンナ編第一位。

ストーリー

ネタバレ無しでおおまかに。

小学生の女の子、綾瀬千早と幼馴染の真島太一が通う学校に、福井から綿谷新が転校生としてやってきた。

大人しくあまり喋ろうともしない新だったが、ひよんなことから家に上がることになった千早にかるたをしようと持ちかける。

見たことも無い速さで次々と札を取っていく新は、夢は競技かるたの名人になることだと語った。

今まで自分の夢を持った事が無かった千早だが、新のかるたへの情熱に感化され、太一も巻き込んでみるみるかるたの魅力に惹きこまれていく。

感想

6話までは小学校編。
7話から現在まで高校生編が描かれている。

小学校編の時点で既に一つの泣ける漫画として自分の急所を突いていた。
子供ながらに環境や家庭の事情に悩んだり苦しんだりしながら、かるたを通して友情を深めていく姿はなんだか純粋で感動。
自分はこういうの特に弱いのかなぁ。荒んだ心が洗われる感じです。

高校生編になると、更に競技かるたの世界が深くアツく描かれていく。
魅力的な登場人物も次々と出てきて、さらに面白く目が離せない展開に。

自分がハマる少女漫画は、感動しつつも合間に入る台詞やシーンで度々ニヤッと笑ってしまうような、密かに笑いのセンスが近い事が共通事項なんだけど、ちはやふるも例外でなく笑えるシーンも多々織り込まれている。

少女漫画ならではの恋愛的な風味は、ほんのうっすら意識はさせつつも、今のところ基本的にはほとんど描かれてない。

可愛らしい絵柄に似つかわしくないスポ魂漫画なのである。おすすめ。

コメント:0

Comment Form
入力情報を記憶しますか?

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://www.blogdatta.com/wp-trackback.php?p=482
トラックバック送信元リスト
【おすすめ漫画】ちはやふる from ブログだった
Search
スポンサード リンク

All Entries(RSS2.0)

Return to page top